admin/ 6月 8, 2022/ bicolbusinessdirectory

復縁するためには、成功させるためにタイミングがあります。
そのタイミングを見極めるのは、かなり難しいです。

復縁を申し出る前に、相手にすでに恋人ができていたり、復縁を申し出ると相手はまだ怒っていたりと、タイミングを見計らうのも苦労が伴います。

復縁を成功させるために必要なタイミングについて解説をしていきます。

■復縁するためには冷却期間を設けることが大切

冷却期間というのは、自分が冷静になれるまでの期間のことを言います。
もちろん、相手が冷静になっていないと復縁したくてもできません。
お互いが冷静に判断できるようになるのを待つのが、冷却期間です。

喧嘩別れの場合は、感情的になってしまい、お互いがまだ好きな気持ちを持ったまま別れていることもあります。
そういった時は、冷却期間を空けて判断が正常にできるようになってから謝って復縁告白をしてみたらどうでしょう。

その方が成功確率は上がります。

■復縁成功のためにはどれくらいの冷却期間が必要?

復縁成功させるために、冷却期間はどれくらい必要なのか気になるでしょう。
結論からいうと、2〜3ヶ月です。
なぜそれくらい空けた方が良いかというと、相手の気持ちを尊重するためです。

これくらい期間を空けていると、相手の気持ちや状況も変化がみられるようになってきます。
寂しいなどの気持ちも生まれるようになってくるので、復縁を検討してくれるかもしれません。
検討してくれるようになるまで待つことが大切です。

■冷却期間中に恋人ができてしまうリスクはゼロではない

冷却期間中に、元恋人に恋人ができてしまうリスクはゼロではありません。
相手にも感情があります。
次の恋愛に進みたいと考えるようであれば、それは復縁の可能性がないことと同じことです。

■復縁を成功させるためには冷静になるための冷却期間はしっかりと取りましょう

復縁のために、冷却期間は2〜3ヶ月は取るようにしましょう。
相手に恋人ができるのが怖くて冷却期間を十分に採らずに追いかけてしまうと、それは逆効果となり復縁可能性を自分で潰してしまうことになります。

まずは冷静になるために冷却期間を設け、それでも相手に恋人ができていない時に復縁の告白をしてみましょう。

Share this Post