admin/ 12月 9, 2018/ advice

■何が欲しいかは人それぞれ

インターネットで検索するとたくさんの恋愛電話相談サイトが出てきます。サイトの数だけカウンセラーがいますから、現在恋愛電話相談をしようと思ったら本当にたくさんのカウンセラーの中から選んで自分に合ったアドバイスを受けることになります。

恋愛電話相談では個人のお悩みがメインに扱われます。逆に言えば相談者がカウンセラーに悩みを具体的に話してくれなければ一般的なアドバイスしかできないことも多いです。

恋愛電話相談でどの程度自分を打ち明けるのか?どのようなアドバイスが欲しいのか?それとも話を聞いてもらいたいだけなのか?などは、相談者のさじ加減で決まります。

カウンセラーに相談してどうしてほしいのかは千差万別ですのでカウンセラーにどんな相談をしたいのかを聞いてもらうよりは、事前にメモに認めておくなどして相談したい内容をはっきりさせておくとよいでしょう。

有料の恋愛電話相談では通話時間ごとに料金がかかります。ぼんやりした相談内容だと内容の説明に多くの時間を割かれてしまいもったいないです。激しい感情を抱えているときも第三者に説明することを考えて整理しておくと便利です。

■自分に原因があることも

恋愛相談をした結果、相手ではなく自分に原因があったということに気付かされるケースもあります。これもまた恋愛電話相談の特徴です。

例を挙げると結婚したいのに出会いがないという人は異性に高い理想を描きがちです。理想が高いと身近な異性に対してダメなところばかり見つけてしまいます。その結果現実として結婚できそうな人よりも、まだ見ぬ理想の相手を追い続けてしまうことも多いのです。

こうした人にただ友人の理想が高いと指摘するよりも、恋愛相談のカウンセラーが筋道立てて話をした上であなたは理想が高いかもしれませんねとアドバイスをしたほうが相談者の心に響くのではないでしょうか?

もし相談者自身に原因があるような恋愛相談でも、第三者であるカウンセラーに客観的に見てもらうことで角が立たずに済みます。また自分が悪いと思っていた問題でも相手の方に問題を買ったと発覚するケースも存在するのです。

自分の状況がよく分からないなと思ったときも恋愛電話相談を利用してみるとよいのではないでしょうか?

Share this Post