admin/ 12月 13, 2018/ counseling

■情報を与えない

恋愛電話相談はカウンセラーが相談者のお悩みを聞いてアドバイスをしてくれます。ただ、恋愛電話相談の使い方によっては、アドバイスがもらえないこともあります。恋愛電話相談のカウンセリングでしない方がよいことを知ってより役立つアドバイスがもらえるように工夫してみましょう。

まずやってはいけないのは、相談内容をぼかしてしまうことです。例を挙げると離婚したいという相談ならどういった理由で離婚したいのかをカウンセラーに伝えるようにしないと道カウンセリングをしたらいいのかわからなくなります。

夫が暴力的な行動をするのならモラルハラスメント加害者として対応を考えることができます。相談者が夫を愛せないというのなら相談者自身の価値観を変える手助けをすることが可能です。

しかし具体的な状況や相談者自身の気持ち、離婚を希望しているのならどの程度話を進めているのか、離婚調停中ならどの段階にいるのかなどの情報を与えてもらえないとカウンセラーも適切なカウンセリングをすることができません。

結果として一般論のアドバイスになってしまうので詳しい情報を提供されることをおすすめします。

■話したいことを整理してこない

カウンセラーとよりは相談者の損になってしまうことは話したい内容を整理してこないケースです。アドバイスがもらえるタイプの恋愛電話相談では通話時間に応じた通話料を請求されることがほとんどです。事前に話したい内容を整理しておらず、カウンセラーに促されるままに話すようにすると話しているうちに時間がどんどん過ぎていってしまいます。

アドバイスをしたいカウンセラーとしては早く状況を整理したいところですし、相談者にとってはできるだけ短い時間で適切なサポートを受けられた方がお得です。

ですので、有料の恋愛電話相談を使用するなら事前に話したいことを整理してきましょう。簡単なメモ書き程度で構いません。

普段人にあまり相談をしないという人は特に自分の置かれた状況を紙に書いておいた方が無難です。カウンセラーとの会話中に話題がそれるのを防げるためです。

Share this Post