admin/ 9月 14, 2019/ bicolbusinessdirectory

「裏で画策して人を動かすなんて、ドラマやスパイ映画じゃあるまいし……」なんてお思いのあなた。現実でもこういったことは実際に行われているのです。あなたも他人事ではないかもしれませんよ。

■サービスの実態

人と人を別れさせるといっても実際どういったことをして別れさせることができるのか気になりますよね。
代表的な手法は、「他の異性に興味を持たせて別れさせる」ことです。つまり、ターゲットと工作員を親密にさせ、浮気相手を遠ざけます。ターゲットが別れてから、徐々に工作員が離れていくという流れになります。すぐにいなくなってしまうと、ヨリを戻す可能性が高くなります。パートナーではなく、浮気相手に工作員を仕向ける方法もあります。あらゆる状況を想定し、シナリオを描くことができるというわけです。

■ストーカーや知り合いなども対応可能

恋人と別れたのちにストーカー化して悩んでいる、なんてことで事件にもつながる可能性もあります。
ストーカーをする人は依存体質なので、あなたを依存先に選んでしまっている状態です。そこで、工作員を仕向けることで、興味の対象が変更し解決することもできます。

そして人間関係は、恋愛だけではありませんよね。新しい一歩を踏み出すために、切ったほうがその人のためになる縁もあります。

例として、子供の結婚。結婚となれば、当人同士だけでなく家族全体に影響があるものです。大事な我が子のことを想うとどうしても結婚に賛成できない両親が、サービスを利用して2人を別れさせるというケースも少なくありません。
他にも、ご自身が離婚を望んでいても、相手が納得しない場合もあります。別れさせ屋では相手が離婚をしてもいいと思えるようにサポートを提供しています。

このように、人間関係で悩んでいるほとんどの方がサービスの対象になっています。深刻な事態になる前に検討の余地はありそうです。

■今まで気づかなかったパートナーの本音

ささいなことから気持ちがすれ違ってきて、いつのまにか心が離れていた…ということは当たり前のようにあります。
実際にターゲットの本音を聞くと、「寂しかった」「ずっと不満があった」など依頼者側にも問題があるケースも多々あります。そういった本音を聞き出すことも別れさせ屋の仕事の一つです。
相手だけでなく、ご自身の行動を改めるきかっけにもなるかもしれませんね。

Share this Post